成果発表

2018/03/08
論文

Nature Biotechnology

腫瘍免疫
IL-7 and CCL19 expression in CAR-T cells improves immune cell infiltration and CAR-T cell survival in the tumor
Nat Biotechnol. 2018 Apr;36(4):346-351.
山口大学 医学部 大学院医学系研究科 免疫学
玉田耕治 先生
キメラ抗原受容体(CAR)発現T細胞に関する研究において、当社のレパトア解析が利用されました。論文では、インターロイキン7(IL7)およびケモカインCCL19を同時に産生するCAR-T細胞について、T細胞受容体(TCR)レパトア解析を実施し、TCR多様性を比較した結果、癌細胞を排除したマウスのCAR陰性T細胞は、移入前に比べてTCRの多様性が低く、CAR陽性T細胞はメモリ―形成後に偏ったTCRレパトアとなりました。この結果から、TCRレパトア解析法は腫瘍抗原特異的記憶形成と腫瘍抗原に対するエピトープスプレッディングを証明することに役立つ可能性があることが示唆されます。

2018/02/01
書籍

実験医学増刊 Vol.36 No.2

「がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む」

2018/01/18
論文

Scientific Reports

腫瘍免疫
Increased diversity with reduced "diversity evenness" of tumor infiltrating T-cells for the successful cancer immunotherapy
Sci Rep. 2018 Jan 18;8(1):1058.
東京大学 医学部附属病院 免疫細胞治療学講座
細井亮宏 先生
免疫チェックポイント阻害薬(ICI)に関する研究において、当社のレパトア解析が利用されました。論文では、B16メラノーママウスを用いて、複数のICIで処理し、腫瘍組織に浸潤するT細胞のTCRレパトア解析を評価しました。その結果、薬剤によってレパトアの多様性や傾向が変化しました。免疫療法の免疫関連有害事象を評価するためのバイオマーカーとなり得る可能性について示唆されています。

2018/01/15
論文

Nature Communications

血液腫瘍
Escape from thymic deletion and anti-leukemic effects of T cells specific for hematopoietic cell-restricted antigen
Nat Commun. 2018 Jan 15;9(1):225.
Interdisciplinary Graduate Program in Genetic Engineering, Seoul National University
Dr. Eun Young Choi
白血病の研究において、当社レパトア解析が利用されました。論文では、異なるマウスの系を用いて、T細胞受容体(TCR)レパトア解析を実施し、造血細胞に拘束性のある抗原を認識するT細胞が、胸腺内におけるネガティブセレクションを回避することを報告しています。これらの結果から、それらの細胞が骨髄移植の際に抗腫瘍効果を示すことが示唆されています。

2018/01/10
論文

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery

基礎免疫
Possible involvement of invariant natural killer T cells and mucosal-associated invariant T cells in a murine model of titanium allergy
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2018 Jan;30(1):1-9.
鶴見大学 歯学部 口腔顎顔面外科学講座
熊谷賢一 先生
金属であるチタンのアレルギー研究において、当社レパトア解析が利用されました。論文では、チタンアレルギーマウスモデルを作製し、T細胞受容体(TCR)レパトア解析において、病変部におけるレパトアの差異を報告しています。これらの結果から、NKT細胞およびMAIT細胞(粘膜関連インバリアントT細胞)の活性化が、チタンアレルギーにおいて誘導される可能性について示唆しています。

2017/12/16
発表

日本研究皮膚科学会 第42回年次学術大会・総会

"A new technology for high-throughput NGS-based antibody Repertoire analysis"を発表
12月16日 16:00-17:00 アフタヌーンセミナー room D

詳細はこちら(PDF, 3MB)

2017/12/11
論文

OncoImmunology

血液腫瘍
Deep sequencing of the T cell receptor visualizes reconstitution of T cell immunity in mogamulizumab-treated adult T cell leukemia
Oncoimmunology. 2017 Dec 11;7(3):e1405204.
京都大学 医学部 血液・腫瘍内科学
進藤岳郎 先生
白血病の研究において、当社レパトア解析が利用されました。論文では、成人性T細胞性白血病(ATL)患者について、T細胞受容体(TCR)レパトア解析を実施し、特異的治療薬であるモガムリズマブを用いた場合に、血液と皮膚のTCRレパトアの変化を評価した報告となります。その結果、薬剤の使用によって、血液に含まれるATLの存在頻度が特異的に変化することが示唆されました。

2017/12/11
発表

第59回 アメリカ血液学会総会(ASH)2017

秋田大学大学院医学系研究科・医学部 血液・腎臓・膠原病内科学講座の藤島直仁先生が"High-Throughput Sequencing of IgG B-Cell Receptors Reveals the Frequent Usage of the Rearranged IGHV4-28//IGHJ4 Gene in Primary Immune Thrombocytopenia in Adults"を発表(3582)

2017/12/11
発表

第59回 アメリカ血液学会総会(ASH)2017

岡山大学病院 血液・腫瘍・呼吸器・アレルギー内科の岩本美紀先生が"Essential Role of Regulatory T Cells on Early B Cell Reconstitution after Haploidentical BMT with Posttransplant Cyclophosphamide"を発表(4447)

2017/12/11
発表

第59回 アメリカ血液学会総会(ASH)2017

広島大学 原爆放射線医科学研究所 血液・腫瘍内科の美山貴彦先生が "Landscape of Immune Reconstitution after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation Is Superdominated By Distinct T Cell Populations Bearing T-Cell Receptor Clonotypes Shared Among Different Individuals" を発表 (4502)

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9