成果発表

2023/06/01
論文

Viruses

基礎免疫
Idiotope-Driven T-Cell/B-Cell Collaboration-Based T-Cell Epitope Prediction Using B-Cell Receptor Repertoire Sequences in Infectious Diseases
https://doi.org/10.3390/v15051186
Repertoire Genesis 株式会社
中村征史
当社が開発した抗原予測解析アルゴリズムに関する論文が、Virusesの電子版に掲載されました。
本論文では、免疫ネットワーク理論とIdiotope-driven T-B collaborationという2つの考えを組み合わせ、TCR認識エピトープモチーフ(TREM)のパターンを定義することで、B細胞受容体(BCR)配列を解析し、抗原タンパク質由来のT細胞エピトープを同定するT細胞エピトープ予測法を開発しました。本手法により、デングウイルスとSARS-CoV-2感染による2つの感染症において、BCRとウイルス抗原配列の間に同じTREMパターンを含むT細胞エピトープを特定することができました。同定されたエピトープは、これまでの研究で検出されたT細胞エピトープの一つであり、T細胞刺激性免疫原性が確認されました。本手法は、BCR配列からT細胞エピトープを発見するための強力なツールとして期待されます。

2023/05/26
論文

Cancer Reports

腫瘍免疫
Anti-PD-1 monoclonal antibody-resistant esophageal squamous cell carcinoma showing the abscopal effect: A case report with T-cell receptor/B-cell receptor repertoire analysis
https://doi.org/10.1002/cnr2.1832
福島県立医科大学 放射線腫瘍学講座
竹原由佳 先生
福島県立医科大学放射線腫瘍学講座 竹原由佳先生が "Anti-PD-1 monoclonal antibody-resistant esophageal squamous cell carcinoma showing the abscopal effect: A case report with T-cell receptor/B-cell receptor repertoire analysis"を発表されました。
論文では、頸部および腹部傍大動脈リンパ節転移を伴う食道扁平上皮癌患者において頸部への放射線治療を実施し、照射範囲外である腹部大動脈リンパ節の転移巣も退縮するabscopal effectが見られた症例にて、放射線治療前後でのTCR/BCRレパトア解析を実施し、放射線治療によるTCR/BCRレパトアの変化が見られたことを報告しております。

2023/04/11
論文

Haematologica

血液腫瘍
Landscape of immunoglobulin heavy chain γ gene class switch recombination in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma
https://doi.org/10.3324/haematol.2022.281435
名古屋大学大学院 医学系研究科 分子細胞免疫学
平松寛明 先生
名古屋大学大学院医学系研究科分子細胞免疫学 平松寛明先生が "Landscape of immunoglobulin heavy chain γ gene class switch recombination in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma"を発表されました。
成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)患者の研究において、当社BCRレパトア解析が利用されました。
論文では、ATL患者81名の免疫グロブリン重鎖γ(IGHG)レパートリーを解析し、IGHG遺伝子のクラススイッチ組換え(CSR)の頻度は、健常人に比べATL患者で有意に低いことが明らかにされました。 さらに、IGHG遺伝子におけるCSR頻度の低下は、モガムリズマブ治療を受けるATL患者の独立した予後不良因子であることが示されました。また、この発表には当社研究員が共著者として参画しております。

2023/02/15
論文

International Journal of Molecular Sciences

基礎免疫
Type IVb Hypersensitivity Reaction in the Novel Murine Model of Palladium-Induced Intraoral Allergic Contact Mucositis
https://doi.org/10.3390/ijms24043137
鶴見大学歯学部 口腔顎顔面外科学講座
那須啓佑 先生
鶴見大学歯学部 口腔顎顔面外科学講座 那須啓佑先生が "Type IVb Hypersensitivity Reaction in the Novel Murine Model of Palladium-Induced Intraoral Allergic Contact Mucositis"を発表されました。
パラジウム(金属)のアレルギー研究において、当社レパトア解析が利用されました。
論文では、口腔粘膜にパラジウムアレルギーを引き起こすマウスモデルを作製し、T細胞受容体(TCR)レパトア解析において病変部のレパトアの差異について報告しています。これらの結果とサイトカイン発現パターンから、パラジウム特異的T細胞は、特定のVJレパトアに偏りつつも多様性を持つ集団で、IVb型アレルギー反応を誘導する可能性について示唆しています。また、この発表には当社研究員が共著者として参画しております。

2023/02/15
論文

International Journal of Molecular Sciences

基礎免疫
Characterization of Metal-Specific T-Cells in Inflamed Oral Mucosa in a Novel Murine Model of Chromium-Induced Allergic Contact Dermatitis
https://doi.org/10.3390/ijms24043137
鶴見大学歯学部 口腔顎顔面外科学講座
吉澤孝昌 先生
鶴見大学歯学部 口腔顎顔面外科学講座 吉澤孝昌先生が "Characterization of Metal-Specific T-Cells in Inflamed Oral Mucosa in a Novel Murine Model of Chromium-Induced Allergic Contact Dermatitis"を発表されました。
クロム(金属)のアレルギー研究において、当社レパトア解析が利用されました。
論文では、口腔粘膜にクロムアレルギーを引き起こすマウスモデルを作製し、T細胞受容体(TCR)レパトア解析において病変部のレパトアの差異について報告しています。これらの結果から、NKT細胞および固有のTCRセットの活性化が、クロムアレルギーにおいて誘導される可能性について示唆しています。また、この発表には当社研究員が共著者として参画しております。

2023/02/13
論文

Scientifc Reports

Gut microbiota of Parkinson's disease in an appendectomy cohort: a preliminary study
https://doi.org/10.1038/s41598-023-29219-2
熊本大学 脳神経内科学講座
中原圭一 先生
熊本大学脳神経内科 中原圭一先生が "Gut microbiota of Parkinson's disease in an appendectomy cohort: a preliminary study"を発表されました。
論文ではパーキンソン病と腸内細菌叢の関連について研究されており、患者群と健常群の腸内細菌叢の違い、虫垂切除術の実施有無による腸内細菌叢の違いについて言及されております。論文においてはパーキンソン病群と健常者の細菌叢の違いのみならず、虫垂が腸内細菌叢にどのような役割を果たしているか、虫垂切除術がパーキンソン病の発生の有無に連関しているかを検討されております。
当社技術は本研究中の糞便を用いた16SrRNA細菌叢解析技術において利用いただいております。

2022/11/09
論文

Experimental Dermatology

腫瘍免疫
Generation of induced pluripotent stem cell (iPSC) from NY-ESO-I-specific cytotoxic T cells isolated from the melanoma patient with minor HLAs: The practical pilot study for the adoptive immunotherapy for melanoma using iPSC technology
https://doi.org/10.1111/exd.14686
東京慈恵会医科大学 皮膚科学講座
伊藤宗成 先生
東京慈恵会医科大学皮膚科学講座 伊藤宗成先生が "Generation of induced pluripotent stem cell (iPSC) from NY-ESO-I-specific cytotoxic T cells isolated from the melanoma patient with minor HLAs: The practical pilot study for the adoptive immunotherapy for melanoma using iPSC technology"を発表されました。
論文ではメラノーマ患者からNY-ESO-1特異的なCD8+T細胞を単離し、培養した後にその培養したT細胞からiPS細胞(T-iPSCs)を作成されました。その作成されたT-iPSCsが元のTCR遺伝子を維持し、細胞障害性を有していることも確認されており、この技術がiPSC細胞を用いたメラノーマをターゲットとした養子免疫療法の試金石になりえると述べられています。
論文内では当社解析を用いて、作成されたT-iPSCが持つTCR遺伝子プロファイルが元の細胞と同じTCR遺伝子プロファイルを有しているかを確認されています。

2022/11/07
論文

Journal of Pediatric Surgery

The preventive effect of recombinant human hepatocyte growth factor for hepatic steatosis in a rat model of short bowel syndrome
https://doi.org/10.1016/j.jpedsurg.2022.02.030
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 小児外科学
矢野圭輔 先生
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科小児外科学矢野圭輔先生が "The preventive effect of recombinant human hepatocyte growth factor for hepatic steatosis in a rat model of short bowel syndrome"を発表されました。
論文では短腸症候群(SBS)モデルラットを用いて組換えヒトHGF(rh-HGF)が小腸切除(SBR)およびその後の腸管不全関連肝疾患(IFALD)にどのような効果を与えるかについて検討されました。結果として、rh-HGFの投与は肝脂肪および肝機能異常の予防効果を示し、rh-HGFはSBSおよびその後のIFALDに対する有効な治療薬となる可能性が述べられております。当社ではご研究の中で研究対象ラットの腸内細菌叢解析と組織中のリアルタイムPCRを用いた関連遺伝子発現量の解析を実施させて頂きました。

2022/10/01
論文

Pediatric Hematology and Oncology

臨床免疫
Presence of identical B-cell clone in both cerebrospinal fluid and tumor tissue in a patient with opsoclonus-myoclonus syndrome associated with neuroblastoma
https://doi.org/10.1080/08880018.2022.2109784
金沢大学附属病院 小児科
伊川泰広 先生、野口和寛 先生
小児がんの研究において、当社のレパトア解析が利用されました。本論文では、免疫抑制療法で治療された神経芽腫に伴うオプソクローヌス・ミオクローヌス症候群(OMS-NB)の患者において、脳脊髄液(CSF)と腫瘍組織の両方にB細胞の増加を認めたことを報告しています。
当社のBCRレパトア解析により、CSFと腫瘍組織に存在する最も存在比率が高いB細胞クローンが同一クローンであることが明らかになり、このクローンがOMS-NB の病因に寄与している可能性が示唆されました。

2022/09/21
論文

EMBO Molecular Medicine

基礎免疫
Neuropilin-1 (NRP1) expression distinguishes self-reactive helper T cells in systemic autoimmune disease
https://doi.org/10.15252/emmm.202215864
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 免疫研究部
大木伸司 先生
自己免疫疾患の研究において、当社のレパトア解析が利用されました。本論文では、NR4A2遺伝子を欠損した自己免疫疾患モデルマウスは自己反応性のT細胞集団が減少し病態が改善すること、また、その選択的識別マーカー分子としてNrp-1が発見されたこと、Nrp-1を標的とした自己免疫疾患の治療によりモデルマウスの病態が有意に改善することが明らかになりました。
当社のTCRレパトア解析は、自己免疫疾患モデルマウスの脾臓からソートされたメモリーT細胞集団を検体として用いて行われ、NR4A2遺伝子の欠損によって自己反応性のT細胞集団が選択的に減少することを明らかにしました。
本論文については、国立精神・神経医療研究センターのホームページでも紹介されています。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11