成果発表

2016/10/16
論文

BMC Immunology (2016)

当社TCRレパトア解析の基盤技術を用いた論文として "A new high-throughput sequencing method for determining diversity and similarity of T cell receptor (TCR) α and β repertoires and identifying potential new invariant TCR α chains" を報告 (BMC Immunol. 2016 Oct 11;17(1):38.)

2016/10/06
発表

第75回 日本癌学会学術総会

久留米大学外科学講座の主藤 朝也先生のグループが "食道癌組織におけるT細胞レセプターレパートリーの包括的解析" を発表 (E-1062)

2016/09/30
メディア

日経バイオテクONLINE

Repertoire、TCR解析技術を武器に癌のネオアンチゲン療法にも参入へ

2016/06/13
発表

アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)2016

京都大学産科婦人科の濱西潤三講師のグループが "Specific gene signatures and oligoclonal expansion of b cell repertoire with responders of anti-PD-1 antibody, nivolumab for ovarian cancer: Novel predictive biomarkers." を発表 (5513)

2016/05/23
論文

Cancer Immunology Research (2016)

佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科の進藤岳郎助教のグループが "Effector regulatory T cells reflect the equilibrium between antitumor immunity and autoimmunity in adult T cell leukemia" を報告 (Cancer Immunol Res; 4(8); 1-6.)

2016/05/20
発表

第26回 Kyoto T Cell Conference

"次世代TCRレパトア解析法によるマウス系統間のTCRレパトアの差異と特徴"を発表 (3-4)

2016/04/01
メディア

MedTech Dealmakers (Natureグループ)

"Repertoire analysis: a key to super-personalized medicine" を報告

2016/03/09
発表

第60回 東京大学医学部附属病院・22世紀医療センター 産学連携メディカルフロンティアセミナー

当社アドバイザーの鈴木隆二氏、新井理氏が "免疫の多様性を読む", "次世代シーケンサを活用するバイオインフォマティクス" をそれぞれ発表

2016/03/04
発表

2016 International Niomedical Interface Symposium (2016 IBMI)日台醫異分野交流會議

東京大学医学部付属病院 免疫細胞治療学講座の垣見和宏教授が "Toward Personalized Cancer Immunotherapy" を発表 (B-3)

2016/02/25
発表

Biocom's Global Life Science Partnering Conference

当社がInnovation Showcaseに選出され、「TCR/BCR Repertoire解析が描く可能性と企業の目指すべき方向性」について発表

前の5件 1  2  3  4  5  6