利用者による発表・論文

2018.11.08International Journal of Hematology<論文>
佐賀大学医学部 血液・腫瘍内科の蒲池和晴先生らが"Epstein–Barr virus-related diffuse large B-cell lymphoma in mogamulizumab-treated adult T-cell leukemia with incomplete T-cell reconstitution"を報告
2018.09.21第30回日本神経免疫学会学術集会<発表>
国立精神・神経医療研究センター の山村 隆先生が "神経免疫疾患としての筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)" を発表 (SY3-4)
2018.09.20第30回日本神経免疫学会学術集会<発表>
国立精神・神経医療研究センター の佐藤 和貴郎先生が "筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の末梢血リンパ球解析 -B細胞受容体レパトアの偏倚の同定ー" を発表 (WS1 -03)
2018.07.04PNAS<論文>
共同研究先である米国カリフォルニア大学サンディエゴ校のデニス・カールソン教授研究室の細矢 匡博士、林 公子博士らのグループが、"Induction of oligoclonal CD8 T cell responses against pulmonary metastatic cancer by a phospholipid-conjugated TLR7 agonist" を報告
2018.06.14Cell<論文>
共同研究先であるドイツのゲオルグ・シュパイヤー・ハウス研究所のポール・ツィーグラー博士(フローリアン・グレッチェン教授研究室)らが、世界で最も権威のある科学雑誌の一つである『Cell』本誌に"Mitophagy in Intestinal Epithelial Cells Triggers Adaptive Immunity during Tumorigenesis" を報告
2018.03.22Cancer Immunology, Immunotherapy<論文>
共同研究先である順天堂大学医学部免疫学講座の竹田和由先生が、"Quantitative T-cell repertoire analysis of peripheral blood mononuclear cells from lung cancer patients following long-term cancer peptide vaccination"を報告
2018.03.19frontiers in Immunology<論文>
共同研究先である広島大学原爆放射線医科学研究所 血液・腫瘍内科研究分野の一戸辰夫教授が、"Next-generation immune repertoire sequencing as a clue to elucidate the landscape of immune modulation by host-gut microbiome interactions"を報告
2018.03.08Nature Biotechnology<論文>
山口大学医学部大学院医学系研究科 免疫学の玉田耕治教授らのグループが、"IL-7 and CCL19 expression in CAR-T cells improves immune cell infiltration and CAR-T cell survival in the tumor"を報告
2018.01.10Journal of Oral and Maxillofacial Surgery<論文>
鶴見大学歯学部口腔顎顔面外科学講座の熊谷賢一先生のグループが、"Possible involvement of invariant natural killer T cells and mucosal-associated invariant T cells in a murine model of titanium allergy"を報告
2018.01.18Scientific Reports<論文>
東京大学医学部附属病院免疫細胞治療学講座特任教授の垣見 和宏先生のグループが、"Increased diversity with reduced “diversity evenness” of tumor infiltrating T-cells for the successful cancer immunotherapy"を報告
2018.01.15Nature Communications<論文>
ソウル大学のEun Young Choi教授のグループが、"Escape from thymic deletion and anti-leukemic effects of T cells specific for hematopoietic cell-restricted antigen"を報告
2017.12.11OncoImmunology <論文>
京都大学医学部血液腫瘍内科の進藤 岳郎助教のグループが "Deep sequencing of the T cell receptor visualizes reconstitution of T cell immunity in mogamulizumab-treated adult T cell leukemia" を報告
2017.12.11第59回 アメリカ血液学会総会(ASH)2017 <発表>
秋田大学大学院医学系研究科・医学部 血液・腎臓・膠原病内科学講座の藤島直仁先生が"High-Throughput Sequencing of IgG B-Cell Receptors Reveals the Frequent Usage of the Rearranged IGHV4-28//IGHJ4 Gene in Primary Immune Thrombocytopenia in Adults"を発表(3582)
2017.12.11第59回 アメリカ血液学会総会(ASH)2017 <発表>
岡山大学病院 血液・腫瘍・呼吸器・アレルギー内科の岩本美紀先生が"Essential Role of Regulatory T Cells on Early B Cell Reconstitution after Haploidentical BMT with Posttransplant Cyclophosphamide"を発表(4447)
2017.12.11第59回 アメリカ血液学会総会(ASH)2017 <発表>
広島大学 原爆放射線医科学研究所 血液・腫瘍内科の美山貴彦先生が "Landscape of Immune Reconstitution after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation Is Superdominated By Distinct T Cell Populations Bearing T-Cell Receptor Clonotypes Shared Among Different Individuals" を発表 (4502)
2017.11.22Nature <論文>
共同研究先である米国カリフォルニア大学サンディエゴ校のシャブナム・シャラポア博士(マイケル・カリン教授研究室)らが、”Inflammation-induced IgA+ cells dismantle anti-liver cancer immunity”を報告
2017.10.20第68回米国肝臓学会議(AASLD The Liver Meeting 2017) <発表>
東京大学医科学研究所先端医療研究センター先端ゲノム医学分野の中川 良先生が "Characteristic T cell receptor repertoires in CD4+ T cells of primary biliary cholangitis" を発表(354)
2017.9.21JCI Insight<論文>
共同研究先である米国カリフォルニア大学サンディエゴ校のデニス・カールソン教授研究室の金子(佐藤)郁博士、林公子博士らのグループが "Combination immunotherapy with TLR agonists and checkpoint inhibitors suppresses head and neck cancer" を報告 (JCI Insight. 2017;2(18):e93397. doi:10.1172/jci.insight.93397.)
2017.7.29Science Immunology<論文>
東京大学大学院医学系研究科免疫学高柳研究室の新田剛准教授らが "Human thymoproteasome variations influence CD8 T cell selection" を報告 (Science Immunology 02 Jun 2017:Vol. 2, Issue 12, eaan5165.)
2017.06.16Scientific Reports (2017) <論文>
広島大学大学原爆放射線医科学研究所の川瀬孝和助教らが "Highly Functional T-cell receptor repertoires are abundant in stem memory T cells and highly shared among individuals" を報告 (Scientific Reports 7, Article number: 3663 (2017))
2017.06.03第116回 日本皮膚科学会総会(JDA)2017 <発表>
岡山大学の平井 陽至先生、岩月 啓氏先生のグループが "菌状息肉症の早期皮膚病変・皮膚病性リンパ節炎・末梢血におけるT細胞クローンの不均一性" を発表 (98)
優秀一般演題賞を受賞
2016.12.03第58回 アメリカ血液学会総会(ASH)2016 <発表>
岡山大学の松岡 賢市先生のグループが "Comprehensive Analyses of Early Lymphocyte Reconstitution after Haploidentical HSCT with Posttransplant Cyclophosphamide: Coordinated Treg-Dominant T-Cell Reconstitution and Stem Cell-Derived Mature B-Cell with Broad BCR-Repertoire Diversity." を発表 (4542)
2016.10.06第75回 日本癌学会学術総会 <発表>
久留米大学外科学講座の主藤 朝也先生のグループが "食道癌組織におけるT細胞レセプターレパートリーの包括的解析" を発表 (E-1062)
2016.06.13アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)2016 <発表>
京都大学産科婦人科の濱西潤三講師のグループが "Specific gene signatures and oligoclonal expansion of b cell repertoire with responders of anti-PD-1 antibody, nivolumab for ovarian cancer: Novel predictive biomarkers." を発表 (5513)
2016.05.23Cancer Immunology Research (2016) <論文>
佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科の進藤岳郎助教のグループが "Effector regulatory T cells reflect the equilibrium between antitumor immunity and autoimmunity in adult T cell leukemia" を報告 (Cancer Immunol Res; 4(8); 1-6.)
2016.03.042016 International Niomedical Interface Symposium (2016 IBMI)日台醫異分野交流會議 <発表>
東京大学医学部付属病院 免疫細胞治療学講座の垣見和宏教授が "Toward Personalized Cancer Immunotherapy" を発表 (B-3)
2015.12.0557th ASH Annual Meeting & Exposition <発表>
広島大学 原爆放射線医科学研究所 血液腫瘍内科の一戸辰夫教授のグループが "Comprehensive T-Cell Receptor Repertoire Analysis Using Deep Sequencing and Single Cell Cloning Reveals Extreme Oligoclonality of Ex Vivo Expanded Cytomegalovirus-Reactive Cytotoxic T-Cells" を発表 (1891)、美山貴彦先生がASH Abstract Achievement Awardsを受賞
2015.10.16第77回 日本血液学会学術集会 <発表>
広島大学 原爆放射線医科学研究所 血液腫瘍内科の一戸辰夫教授のグループが "Quantitative tracing of T-cell diversity using deep sequencing in a recipient of allogeneic HCT"(OS-1-140), "Comprehensive analysis of CMV-specific T-cell repertoire by deep sequencing and single cell cloning"(OS-2-126) の2演題を発表

弊社による発表・広告

2018.05.21第62回バイオインターフェース <発表>

講演内容:「TCR/BCRレパトア解析とネオエピトープ解析によるがん免疫研究の推進」
2018年5月22日 16:50-17:50 全理連ビル9階 C会議室

詳細はこちら
2018.02.01実験医学増刊 Vol.36 No.2 <広告>
「がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む」
2017.12.16日本研究皮膚科学会 第42回年次学術大会・総会 <発表>
"A new technology for high-throughput NGS-based antibody Repertoire analysis"を発表
12月16日 16:00-17:00 アフタヌーンセミナー room D

詳細はこちら(PDF, 3MB)
2017.11.30Medical Science Digest 2017年11月臨時増刊号 <記事>
"次世代シーケンサーを用いた同種造血幹細胞移植後末梢血T細胞レパトアの網羅的解析" を報告
2017.06.30第21回 日本がん免疫学会総会 <発表>
"ドロップレットを用いた高効率シングルセルTCRペア遺伝子同定法の開発"を発表
6月30日 セッション名:O12 免疫モニタリング2


詳細はお問い合わせください。
2017.05.03Frontiers in Immunology (2017) <論文>
弊社BCRレパトア解析の基盤技術を用いた論文として "Different Somatic Hypermutation Levels among Antibody Subclasses Disclosed by a New Next-Generation Sequencing-Based Antibody Repertoire Analysis" を報告 (Front Immunol. 2017 May 3;8:389.)
2017.02.11第14回日本免疫治療学研究会学術集会<発表>
東京大学 伊藤国際学術センター
非バイアス次世代T細胞受容体レパトア解析を用いた菌状息肉症における末梢血と皮膚浸潤T細胞の相違(P-23)
2017.02.01実験医学 2017年3月号 Vol.35 No.4 <広告>
「がん免疫療法×ゲノミクスで変わるがん治療!」
2016.10.16BMC Immunology (2016) <論文>
弊社TCRレパトア解析の基盤技術を用いた論文として "A new high-throughput sequencing method for determining diversity and similarity of T cell receptor (TCR) α and β repertoires and identifying potential new invariant TCR α chains" を報告 (BMC Immunol. 2016 Oct 11;17(1):38.)
2016.09.30日経バイオテクONLINE <記事>
Repertoire、TCR解析技術を武器に癌のネオアンチゲン療法にも参入へ
2016.05.20第26回 Kyoto T Cell Conference <発表>
"次世代TCRレパトア解析法によるマウス系統間のTCRレパトアの差異と特徴"を発表 (3-4)
2016.04.01MedTech Dealmakers (Natureグループ) <記事>
"Repertoire analysis: a key to super-personalized medicine" を報告
2016.03.09第60回 東京大学医学部附属病院・22世紀医療センター 産学連携メディカルフロンティアセミナー <発表>
弊社アドバイザーの鈴木隆二氏、新井理氏が "免疫の多様性を読む", "次世代シーケンサを活用するバイオインフォマティクス" をそれぞれ発表
2016.02.25Biocom's Global Life Science Partnering Conference <発表>
弊社がInnovation Showcaseに選出され、「TCR/BCR Repertoire解析が描く可能性と企業の目指すべき方向性」について発表
2015.12.18実験医学2016年1月号 <広告>
「新薬認可で治療革命の幕開け がんのウイルス療法」
2015.12.11第40回 日本研究皮膚科学会 スイーツセミナー <発表>
岡山大学病院 皮膚科の岩月啓氏教授のご協力のもと "T/B Cell Receptor Repertoire Analysis for 'Deep Surveillance' of Diseases"を発表 (SS1-1)
2015.07.22日経バイオテクONLINE <記事>
TCR/BCRレパトア解析サービスにおける販売で和光純薬工業株式会社との提携を報告
2015.03.09日経バイオテクONLINE <記事>
T細胞受容体などの多様性解析に独自技術
2015.03.01BIO Clinica 2015年3月号 <記事>
"次世代TCR / BCRレパトア解析によるがん治療の有効性評価" を報告

利用者の声

A 大学教授個別化医療の実現には、腫瘍抗原を同定し、それをターゲットとした細胞傷害性T細胞療法を行う事になる。レパトア・ジェネシス社の保有するネオエピトープ探索・同定ソフト並びにTCRレパトア解析は、ターゲットの同定と、それに対するTCRの同定後の遺伝子治療への応用、樹上細胞ワクチン法による治療を可能とし、最先端医療の幕開けを感じさせる。
B 大学教授
分野:血液腫瘍学
TCR/BCRレパトア解析により、臨床現場で多くの問題が解決される。私達の教室では骨髄移植後の成否の評価や予測には欠かせないと考えており継続的にレパトア解析を依頼している。また、臨床上の診断や治療効果判定にもこの解析の有用性は極めて高い。最近、レパトア・ジェネシス社が開発されたネオエピトープ解析は、血液分野でも応用性は高く、CMLの治療予測にはすぐにでも応用可能と考えられる。臨床上での理解度が革新的に増加する技術であり、応用範囲は非常に広い。
C 大学教授
分野:血液腫瘍学
私達の教室は、血液学、免疫学を基盤として感染症、アレルギー、自己免疫疾患が研究領域であり、臓器横断的な診断を目標としている。その中でも、レパトア・ジェネシス社のTCR/BCRレパトア解析により、免疫系が特異的に関与しているかという判断は非常に重要な位置を占める。また、特発性紫斑病の病因はTCR/BCRレパトア解析により解明されると考えている。
D研究所所長
分野:ウイルス学
TCR/BCRレパトア解析により、感染免疫という研究分野は飛躍的に進むと考えている。今まで、ウイルス感染動物モデルでの解析からT細胞の関与の重要性を明らかにしてきた。今後は、BCR解析による抗体治療薬への応用を期待しており、レパトア・ジェネシス社に継続的に解析依頼を行なっている。
E 大学教授
分野:免疫学
生活習慣病(肥満)と免疫系との関連性の中で動脈硬化症モデルマウスを用いて解析を行っている。動脈硬化部位に浸潤する細胞の正確な性状解析にはTCR/BCRレパトア解析が最も有効なツールであると考えている。
レパトア・ジェネシス社の解析結果からNKT細胞の関与が強く示唆された。生活習慣病と免疫系の関与という観点からの研究は一見すると関連性は希薄と思われるが、レパトア・ジェネシス社の技術により、今後も多くの疾患と免疫系との関わりが明らかとなり、研究の進展が期待される。
F 大学教授
分野:血液腫瘍学
九州地方に多いATLは発症後の致死率は極めて高い。近年、オプシーボの登場により奏功例も確認されているが、その薬効の本態は不明な点も多い。
レパトア・ジェネシス社のTCRレパトア解析から、オプシーボ投与後の末梢中の血液像のパターンとTregとの関与が明確になり、今後の治療に幾つかの福音となる可能性は高い。また、ATLの皮膚転移の最終的な確定にはTCRレパトア解析の結果という事になると思っている。白血病・リンパ腫も多くがTCR/BCRレパトア解析を必要とする事になる。今後も継続的に解析を行っていきたい。
G 大学教授(海外)
分野:免疫学
Now we would have extreme use of Repertoire Genesisʼ s sequencing technology because sequencing T cells on a massive scale would provide more useful representation of the TCR repertoire and provide a fundamental basis for progressing to more detailed cell culture/in vivo experimentation.