非バイアス
次世代 T細胞受容体(TCR)/B細胞受容体(BCR)
レパトア解析

Repertoire Genesis(レパトア・ジェネシス)株式会社は、非バイアス遺伝子増幅技術と独自に開発した専用バイオインフォティクスソフト(Repertoire Genesis)を備えた次世代TCR/BCRレパトア解析技術を開発いたしました。

この技術は、従来の技術に比べ定量性に優れ、悪性リンパ腫や白血病細胞の検出、抗原特異的TCR/BCRの同定、免疫チェックポイント阻害剤やがん免疫療法の有効性評価などの幅広い用途に利用することができます。

Repertoire Genesis 株式会社は、最先端技術を利用した研究を通して、新しい診断法や治療法の開発を支援してまいります。

詳細情報を見る

レパトアとは?

白血球は、顆粒球、樹状細胞、マクロファージ、リンパ球などから成り、それらは体内に侵入するウイルスなどの病原体や、がん化した異常細胞を排除することにより生体を防御しています。

主要なリンパ球であるT細胞とB細胞は、抗原を認識する受容体分子であるT細胞受容体(TCR)やB細胞受容体(BCR)を発現しています。がんやウイルスなどの抗原がこれら受容体に結合すると、細胞は活性化され、免疫反応を開始します。

多様な抗原と反応できるように、遺伝子再構成や体細胞超突然変異という機構によって、多様なTCRやBCRが創出されます。その程度はTCRでは10の18乗、BCRでは10の14乗におよぶと推測されています。

このように、個々に異なる特異性を持ったTCRやBCRによって、特徴づけられたリンパ球のコレクションをTCR/BCRレパトアといいます。レパトア(repertoire)は、レパートリー(repertory)と同義のフランス語です。

詳細情報を見る

レパトア解析の有用性

TCR/BCRレパトア解析は、免疫系の状態や異常を知るために有用です。ある種の白血病や悪性リンパ腫の患者では、T細胞またはB細胞が腫瘍化して異常増殖するため、これらを検出することは、診断や治療効果を測るために利用できます。しかし、従来のフローサイトメトリーや免疫組織化学染色による解析は、検出感度や正確性に限界がありました。

非バイアス次世代TCR/BCRレパトア解析では、測定試料から定量的に10万-1000万のTCRやBCR遺伝子配列を決定することができます。したがって、10万分の1未満(0.001%未満)の腫瘍細胞をクローンレベルで特定することができ、微小残存病変の検出にも利用することができます。

レパトア解析は、免疫系の多様性を評価するためにも有用です。免疫多様性は、ウイルスや細菌などに対する感染防御に重要ですが、これまで定量的に調べることは容易ではありませんでした。レパトア解析によって多様性の程度や変化を明らかにすることで、移植後の免疫系の回復度を予測することができます。

クローンレベルの大規模な遺伝子配列を決定することにより、抗原特異的TCR/BCR遺伝子を取得することができます。抗原刺激、ウイルス感染、疾患関連試料などの解析を行うことで、様々な抗原特異的TCR/BCR遺伝子を同定することに利用することができます。

詳細情報を見る

主要技術

非バイアス遺伝子増幅技術 (Adaptor-ligation PCR)

5’末端にアダプターを結合し、アダプタープライマーと3’側の定常領域に設定したプライマーを用いてPCRを行います。既存のMultiple PCRとは異なり、多数のプライマーの使用に伴うプライマー間の増幅効率の差によるPCRバイアスが発生せず、高精度なレパトア解析を実現します。

次世代シーケンサー (MiSeq 等)

PCR増幅されたTCRやBCR遺伝子を、ロングリード対応の次世代シーケンサーで配列決定します。1度の解析で10万~1000万のリードデータを取得することができます。

レパトア解析専用ソフト (Repertoire Genesis)

個々のTCR/BCRリードについて、相同性検索によるV領域、D領域、J領域遺伝子の決定、アミノ酸変換、リード数集計等を行います。大量のシーケンスデータを高速、高精度に自動処理するため専用ソフトを開発いたしました。

詳細情報を見る

適応例

TCRBCR
悪性リンパ腫・白血病
腫瘍細胞のTCR、BCR遺伝子をクローンレベルで決定、追跡、微少残存病変の検出
TCRBCR
感染症
ウイルス特異的TCRの同定
ウイルス抗原特異的抗体遺伝子の同定
TCR
免疫チェックポイント阻害薬
腫瘍浸潤T細胞のレパトア解析による治療薬の有効性評価
TCR
TCR遺伝子治療法の開発支援
腫瘍特異的TCR遺伝子を同定し、医療へ応用
TCR
骨髄移植
レパトアの多様性から免疫能回復を評価
BCR
新規 CAR-T 開発支援
有用なCAR-T作製のための抗体遺伝子の取得
TCR
がんワクチン・免疫細胞療法
がんワクチン・免疫細胞療法の有効性評価
腫瘍特異的TCRの検出
BCR
抗体医薬の創薬支援
効率的な完全ヒト型抗体遺伝子のスクリーニング
詳細情報を見る
 

ネオエピトープ解析

Repertoire Genesis 株式会社では、完全個別化医療を見据えた、完全個別化されたがん抗原を検索できるシステムであるネオエピトープ解析を開発いたしました。
この技術は、従来のような「共通したがん抗原」を検索するものではなく、個々人に発生する「がん」はすべて異なることを前提とし、がん細胞における遺伝子変異を軸として抗原認識可能なエピトープを解析します。
そのため、RNA および DNA シーケンス、バイオインフォマティクス、最終的にはエピトープ候補に対する IFNγ産生能の確認をセットとして実施いたします。

詳細情報を見る
 

次世代 16S rRNA 菌叢解析

細菌がもつ 16S rRNA 遺伝子を PCR にて増幅し、次世代シーケンサーで解析することで、検体に含まれる細菌の種類や分布を解析(菌叢解析)します。
腸内細菌や口腔内細菌などの分布を網羅的に評価することができます。
弊社では、ラボや実験機器、解析ソフトをお持ちでない方でも手軽に菌叢解析が実施できるよう、次世代シーケンサーを用いた 16S rRNA 菌叢解析サービスをご提供しております。
このサービスでは、お客さまより検体を冷凍便にて発送して頂き、弊社にてゲノム DNA を抽出、16S rRNA を対象とした特異的 PCR、Miseq を用いた次世代シーケンス解析、専用のバイオインフォマティクスソフト(Flora Genesis)を用いた系統分類解析および菌種同定解析結果を含めて、トータルで実施致します。ご要望に併せて、別途 2 次解析(検体間比較、多様性指数、PCoA 等)も承ります。
解析可能な検体や技術情報につきましては、詳細情報をご確認ください。

詳細情報を見る

解析に関する資料のご請求・解析ご希望の相談、ご遠慮なく!!
よろこんで承ります!


contact

お問い合わせフォーム カタログダウンロード
Page Top